エラボトックスの効果は顔を小さくできる

エラが張っている顔

エラが張っている顔というのは、どうしても顔が大きく見えてしまいます。
こういった顔は、生まれつきと思っている人もいますが、実は生まれつきではありません。
これは、咬筋という筋肉がこっているせいでエラが張っている状態になってしまっています。
その為、骨でエラが大きく見えているのではなくて、筋肉のせいでエラは張っているということになります。

この咬筋というのは、奥歯を動かす際に出てくるポコっとした筋肉になります。
頬やエラの周りというのは、脂肪が沢山ありますので咬筋のコリと脂肪が重なってエラが張っている状態になります。
ですから、咬筋のコリを改善すれば自然とエラ張りを抑えることができます。
しかし、どのように咬筋のコリを改善すればいいのかわからないという人もいるでしょう。そういった人は、エラボトックスの治療を受けるのが最適でしょう。
エラボトックスの注射というのは、主に表情シワに対して効果のあるボトックス注射をエラ付近に注入することで、改善できるようになります。

ボトックス注射というのは、筋肉を萎縮する作用がありますので、そのお陰で咬筋のコリを改善することができます。
ボトックスというのは、筋肉を萎縮して細くすることができますので、エラ張りの原因であるコリを解消するのは有効的な方法です。
最近では、美容外科などでも積極的に治療を行っているところが増えています。
キャンペーンなども行っているところがありますので、そういったところでどのようなものなのかを試してみるといいでしょう。

但し、キャンペーンを利用する時はただ値段が安いからという理由で何も考えずに受けてはいけません。
美容外科によっては、始めたばかりで実績がないという病院もあります。
そういったところは、注入する量を間違ってしまったり、カウンセリングをしっかり行わずにボトックス注射を行ってしまうことがあります。
ですから、病院を探す時はできるだけ実績のある病院へ行くことをお勧めします。