エラボトックスの効果は顔を小さくできる

削るしかない?

エラ張りの顔で悩んでいる人は、美容整形で骨を削るものだと思っているでしょう。
ですが、エラ張りの原因は咬筋という筋肉がこっている状態なのが原因なので、骨を削ることなく解消することができます。
確かに、人によっては骨が関係してエラが張っている可能性はあります。ですが、ほとんどの人は咬筋のせいだと言われています。
それに、骨を削るとなれば顔の手術を受ける必要がありますので、体への負担は大きいです。
ですから、エラが張って顔がでかいというので悩んでいる人は、エラボトックスの治療を受けてみるのがいいでしょう。

エラボトックスの効果は、骨を削ると同じぐらいの小顔効果を期待することができます。
顔の骨を削るというのは、大体の人は顎周りになります。顎周りを削ることで、顎を小さくすることができるので顔を小さくできます。
しかし、エラボトックスの場合は咬筋を萎縮させることでエラを無くすことができ、顎周りから頬のところまですっきりさせることができます。
顔をスッキリさせることができれば、自然とエラ張りを解消することができますし、劇的に変わるというよりもエラ張りが無くなったお陰で本来の顔が戻ってきたというほうが正しい表現になります。
ただ、骨のせいでエラ張りが起こっている場合は、骨を削る手術を行う必要があります。
こういった時は、美容外科などのところに行けば、医師から提案してもらうことができます。
提案してもらうことができれば、自分が受けたいと思えば、そのまま治療を受けるのがいいでしょう。
そうすれば、徐々に改善されていきますし、自分のコンプレックスを解消することができます。

コンプレックスを解消することができれば、今後の生活も楽しくなりますので、自分自身に自信を持つ為にもコンプレックスを解消してみるのもいいでしょう。
エラボトックスが効果的だと判断された時は、ボトックス注射でいいですし、骨を削らないといけないのであれば、整形手術を受けてコンプレックスを解消するのも自分の為になります。
ですので、どういった治療方法が自分に適しているかどうかを判断する為に、一度美容外科などに行って相談してみて下さい。